子供の通学時に持たせたい防犯ブザー

小学生になると、幼稚園であった送り迎えはなくなり自分で歩いて登校するようになります。その際には、近所に住んでいる子供と一緒に登下校を行なう地域も多くなっています。その背景には、近年子供を狙った犯罪が多くなっていることが挙げられます。毎日一緒に登下校をしていても1人になることも十分に考えられることから、通学時には防犯ブザーを持たせることが欠かせません。通学路で人通りが少ない道を禁止していたとしても子供の行動は予期できないことから、身を守るための防犯対策は重要です。ですが、防犯ブザーは子供でも簡単に使えることから、音を出して遊ぶ子供も少なくありません。防犯ブザーで手軽に防犯対策ができる反面、選び方を誤ると近所迷惑になる場合もあることから慎重に選ぶことが大切です。

小学生の通学時に防犯ブザーを持たせるメリット

小学校に入学するのをきっかけに、通学なども含め子供が1人で行動することが増えます。防犯ブザーを使わないことに越した事はありませんが、万が一の備えに持たせておくことは必要です。防犯ブザーの特徴を知り、適切な物を持たせることが重要です。防犯ブザーの音量は、80から100デシベルあれば効果的と言われていて、大多数の物が許容範囲内となっています。最近では、従来からあるシンプルな物に加えて可愛いデザインの物が増えています。ランドセルのベルト部分に防犯ブザーを簡単に取り外しができるよう金具が取り付けてあるので、そこに取り付けてあげると子供でも使用が可能です。防犯ブザーを選ぶ際には、防水効果があり強い力が加わっても壊れにくいものを選ぶことが大切です。また、きちんと作動をするかどうか定期的に確認を行なうことも、子供達の安全のために欠かせません。

通学時に欠かせない最新の防犯ブザー

防犯ブザーで比較的使いやすいと言われているのが、ピンを外すタイプとひもを引っ張るタイプです。ですが、ひもタイプでは、何らかの理由で引っかかるなどして誤作動が発生する事が少なくなく、ピンタイプでも、ピンをなくしてしまって止められなくなる事も少なくありません。そこで、通学時やお出かけ時に持たせたい最新の防犯ブザーはボタンタイプです。本体の左右にボタンがあり、握りしめてはじめて音が出るので誤作動が少なく子供でも簡単に操作ができます。また、子供のポケットでもすっぽり収まるデザインとなっているので、初めての防犯ブザーに最適です。子供に持たせることを考慮するならば、形状が尖っておらず持ちやすいものが適しています。また、デザインやタイプによって電池のサイズが違ってくるので、購入前には確認が必要です。

当社の見守りサービスは、JR東日本とセントラル警備保障の共同事業となります。 通知先を1件追加する場合も安価な月額制の追加で対応が可能です。 見守りサービスのICカードは、Suicaだけでなく、PASMOでも利用が可能となっております。 子どもが「Suica」または「PASMO」でJR東日本の駅自動改札機を通過すると、保護者にメールでお知らせが届くようになっております。 SuicaやPASMOが役立つ通学防犯サービス