通学時の必需品となっている防犯ブザー

大人にとって、愛する子供の安全は何より価値のあるものです。人口が増えてきた今日では、トラブルに巻き込まれた悲しいニュースが後を絶ちません。子供が小学生になってからは、毎日の通学、習い事や交友関係での外出など、子供数人だけか一人だけでの出掛ける機会も増えてきます。子供の安全のためにも、一人に必ず一つは持たせた方が大人も安心できます。購入する際には、ブザーの音量が相応しいかどうか、使いやすいかどうかを確認してから子供に渡しましょう。防犯ブザーをつける位置にも注意が必要です。思わぬトラブル発生時にもすぐ作動させられるように、子供の手が届く範囲に身に着けさせるのがトラブル防止の秘訣です。通学時には、ランドセルを背負っている場合はショルダーベルトの胸付近への取り付けが一番使いやすい場所です。

通学時の必需品である防犯ブザーの種類と選び方

通学時の防犯ブザーには様々な種類があります。機能性の中で重視しなければならないのが音の大きさです。騒がしい場所でのトラブル発生時にも効果が有る様に、音が大きなものを選ぶべきです。通学時には雨天の日もありますので、水に濡れても壊れない丈夫な防水性のものかどうかも確認します。出来るならば、暗くなった夜道を通る時に光る機能を兼ねていればベストです。機能の面で納得出来る物をリストアップしたら、購入前に子供に選ばせる事をお勧めします。小学生ともなると、もう本人の好みが確立されて自我がしっかりしています。ブザーを持たせる子供本人が嫌がってしまい、大人に分からないようこっそり外してしまっては本末転倒です。最近ではキャラクターや色合いのデザインに気配りをした商品も多々あります。防犯ブザーを選ぶ時には、なるべく子供に合ったものを付けさせましょう。

通学の時に必要となる防犯ブザーを使う時の注意

防犯ブザーを子供に与える時の諸注意ですが、一番注意すべきなのが防犯ブザーは玩具ではないと言い聞かせる事です。デフォメル化した音や可愛らしい外見から、玩具に見立ててブザーを発動させる事が無い様、注意する事が大切です。例えば通学の時にトラブルに遭遇した際、普段からブザーで遊んでいる様では周囲の助けが得られないかもしれません。また悪戯かと思われる危険性があります。次に注意したいのが、防犯ブザーの使用ミスです。折角の防犯グッズであっても、使い方を正しく理解していなければきちんと作動しません。いざという時のために、防犯ブザーを与える時に大人も一緒になって取り扱いをよく学び、渡す子供本人にも理解しているかどうか確認します。チェックの意味合いも込めて、子供に質問形式で使い方を復唱させると効果的です。忘れがちなのが、電池の入れ替えです。常時使えるように定期的に見る必要があります。